上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
<電力12社>CO2排出量14.3%増 07年度(9月22日21時57分配信 毎日新聞)」という記事によると、

 電気事業連合会は22日、電力12社の07年度の二酸化炭素(CO2)排出量が前年度比14.3%増の4.17億トンに増加したと発表した。昨年7月の新潟県中越沖地震で東京電力が柏崎刈羽原子力発電所の運転を停止し、CO2排出量の多い火力発電の比率が高まったことが主な要因。運転再開のめどは立っておらず、京都議定書に基づく08~12年度の電力業界の排出削減目標の達成も厳しい状況だ。

 1キロワット時の電力使用に伴うCO2排出量(排出原単位)に換算すると、07年度は前年度比10.5%増の0.453キログラムに増加。電力業界は08~12年度の排出原単位を90年度比20%減の0.34キログラム程度に抑えることを目標としているが、07年度時点では大幅に上回っている。

 08年度も柏崎刈羽原発の運転停止が続いていることから、07年度に続き排出量の増加が見込まれる。【谷川貴史】

とのこと。柏崎刈羽の停止の原因は、大地震なのだから、日本政府は、世界各国に対し、これはForce Majeureであり、排出量増加は一時的なものであると説明をするべきではないか?

柏崎刈羽の停止に伴うCO2排出量の増加が3,000万t-CO2とすると、3,000円/t-CO2として、900億円になるが、この増加量を、CDMなど京都メカニズムで削減したことにするということは、すなわち、日本の富が900億円分海外に流出するということになる。

日本政府は、日本の国富を護るため、正々堂々と世界と戦ってほしい。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へにほんブログ村 環境ブログへ<=他のエネルギー・環境関係ブログもチェック
スポンサーサイト
2008.09.24 Wed l 電気 l COM(0) TB(0) l top ▲
CaliforniaのSan CarlosにあるベンチャーTesla Motorsが面白い。「テスラロードスター」は、バッテリー駆動の電気自動車でありながら、PorscheやFerrariなどのスポーツカーにも負けない性能を目指しているようだ。

外観もプリウスのようにずんぐりしたものではなく、シフトノブやシートもスポーツカーらしい雰囲気。1台10万ドルといえども、こんなにスポーティーに仕上がると、排気ガスによる公害が減るという意味で環境にいいというだけでなく、なんだか「ワクワク」してしまう。

ベンチャーによるイノベーションとはまさにこんなものをいうのだろう。




参考記事:
「ポルシェにもフェラーリにも負けない」--新興企業がオール電気のスポーツカーを開発@CNET

2003年に設立されたTesla Motorsの出資者には著名人や有名企業も含まれている。例としては、Googleの共同創設者のSergey Brin氏とLarry Page氏、PayPalの共同創設者のElon Musk氏、eBayの共同創業者のJeff Skoll氏、さらにベンチャー投資会社のVantagePoint Venture PartnersやDraper Fisher Jurvetsonなどが挙げられる。Teslaがこれまでに集めたベンチャー投資の総額は4000万ドルに上る。


Tesla Motors and SE@SDM Chronicle

電気自動車のスポーツカーという誰も作らなかったものを、エンジニアが「こんなのあったらおもしろいんじゃないか、出来たら魅力的だよな」というものを有能な経験者がガシガシと作っていく。管理によるオーバーヘッドを最小限にして、いいものをさっさと作ってしまうのだ。どうやって開発を進めればいいか、何が重要かを共有している経験者が沢山いればSEは無くとも1台車を開発するくらいは十分できるはずだ。

なんてったってSEは数式や自然の摂理で構成されているわけではないのだ。


アメリカ・高級電気スポーツ・カー@カリフォルニアライフ

アメリカ・シリコンバレーでは、テスラ・モーターズやライトスピード、電池メーカーのリオン・セルズが、富裕層の自動車愛好者向けに高性能電気自動車や部品開発を進めているそうです。
ロサンゼルス・タイムズによると、3年前に設立されたテスラは(電気でフェラーリやポルシェのように速いスポーツ・カーを設計すること)を目標にしているそうです。
裕福な車愛好者の多くはトヨタのプリウスに満足していないと同社は考え、もっと魅力的な高級電気自動車を開発しているそうです。


・「電気自動車のベンチャー企業」(榊原清則・慶大教授)@電気新聞「時評ウェーブ」2007.10.15

テスラは自動車会社としては珍しく、垂直統合的な会社ではない。むしろ水平特化型のビジネスモデルが追及されている。事実、部品の大部分は外部調達に依存し、自社の事業領域はモーターや電池などの一部中核部品の設計とソフトウエア開発だけに集中する戦略である。…



にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へにほんブログ村 環境ブログへ
 
2007.10.15 Mon l 電気 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。