上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
電気とガスというと、使い勝手や環境に目が奪われてしまうのだが、経済性という観点で意外と抜けてしまいがちなものとして、「火災保険」がある。

保険というのは「確率」で決まるから、火災の原因となるガスコンロが使われていないということで、ガス・電気併用住宅よりもオール電化住宅のほうが火災確率は低くなる可能性が高い。

即ち、保険料も安く設定できる可能性がある、ということ。

AIUの火災保険「スイートホームプロテクション」は、まさに、その考え方を適用した商品といえる。

ただ、日本防火協会のウェブサイトに掲載されていた総務省の報道資料(pdfファイル)によると、火災の原因は、放火についでタバコが多いようである。



ということは、次は、喫煙しない家庭向けの新たな火災保険商品が作られるのかな?!

それにしても、今年の1月から3月の3ヶ月間の総出火件数が16,725件とは、数の多さに驚き!

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へにほんブログ村 環境ブログへ

ちなみに、AIUの海外旅行保険ではお世話になった個人的な経験からいうと、カバーされている地域や範囲が広く、滞在中は、とても安心して過ごすことができた。
(お世話になりましたm(--)m)
 
スポンサーサイト
2007.10.04 Thu l 全般・その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://energybiz.blog121.fc2.com/tb.php/12-adae607b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。