上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
日経ネットの「対日LNG価格1.5倍に インドネシア、10―11年」という記事によると、

インドネシア国営石油会社プルタミナは2010―11年に契約更新期を迎える液化天然ガス(LNG)の日本との長期契約価格を、100万BTU(英熱量単位)当たり15―16ドル(約1650―1760円)とする方針を決めた。現行契約価格の約1.5倍となる。インドネシアは日本にとって最大のLNG供給国。提示価格は長期契約ベースでは過去最高水準で、電力・都市ガス価格の一段の上昇につながりそうだ。

 プルタミナによると関西電力や中部電力、大阪ガスなど日本側6社と交渉後に、9月にも今後10年間の長期契約について基本合意する。原油価格が高騰する中、05年まで同5ドル台だったLNGの国際市場価格は07年には8ドル近くまで上昇している。長期契約価格は市場価格に応じて契約期間中に弾力的に見直す仕組みになっており、直近価格は10ドル前後という。

とのこと。

ガス価格は、ますます上がることになるだろう。そもそも、石油よりも環境負荷が小さいという優れた特性を持つのだから、石油等価どころか、石油よりも高くなってもしかるべき、といった感じもする。
 
原油価格は少し落ち着きを取り戻しつつあるが、果たしてLNGの価格はどうなるのだろうか?

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へにほんブログ村 環境ブログへ<=他のエネルギー・環境関係ブログもチェック
スポンサーサイト
2008.09.15 Mon l 天然ガス・LNG l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://energybiz.blog121.fc2.com/tb.php/27-ec5f2883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。