上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
エキサイトニュースの「「温暖化」で復権 国内メーカーが「ディーゼル車」に注目」という記事では、

・・・一般にディーゼル車というと、「騒音と振動がひどい」「排ガスが汚い」などマイナスイメージが強い。特に排ガス面については深刻。軽油を燃料とするディーゼル車は窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)といった大気汚染の原因となる物質を多く排出していたため、国の排ガス規制や東京都の「環境確保条例」によってディーゼル車への規制が行われ、あまり良いイメージを持たれないものになってしまったのである。

ところが、世界的に環境対策の重要性が問われ始めると状況は一変する。排ガス浄化技術や燃焼制御技術の開発により従来のディーゼル車の欠点は克服され、ガソリン車をしのぐほどの環境性能を実現。さらに、高い燃費性能や熱効率性、それに伴う二酸化炭素排出量の低さという本来の特性もあいまって、温暖化対策の選択肢のひとつとしてガ然、注目を集めるようになった。欧州では新車市場の約半分をディーゼル車が占めるといわれるほどまで需要が高まっているのだ。

そうした流れに、一時は国内向け販売から撤退状態だった日本メーカーが反応し始めた。販売が始まったばかりの日産「エクストレイル20GT」(6速仕様のみ。価格299万9850円)は、05年に施行された排ガス規制「新長期規制」よりも厳しい「ポスト新長期規制」(09年10月から施行)に適合したディーゼル車である。・・・

といった報道がなされている。

以前フランスを訪れた際、道を歩いている時に感じた独特の匂いは、ディーゼル車がほとんどを占める交通状況からもたらされた独特の排ガスの匂いだった。

もし、すべての車が最新の規制に対応しているとすれば、そんな匂いはほとんどないのかな?もしそうだとすれば、買い替え時にはディーゼル車も候補に入れようかなぁ...

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へにほんブログ村 環境ブログへ<=他のエネルギー・環境関係ブログもチェック
スポンサーサイト
2008.09.23 Tue l 全般・その他 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://energybiz.blog121.fc2.com/tb.php/29-7e1441ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。